引越しを本気で語る会

引越しを本気で語る会

ご近所トラブルを生む前に・・

もし引っ越しを考えている場合、引っ越し先の家やアパート・マンションの周辺環境をじっくり確認した方が良いです。

 

もう確認済み!という場合でも、再度確認して損はありません。

 

 

買い物をし易い環境にあるか、路線は近いか、小さい子供がいる家の場合、周囲に子供を遊ばせれる場所があるか、危ない場所はないか(何処に住んでも危ない場所はありますが、その場所が近すぎると危険です)幼稚園や小学校は近いか。

 

 

 

これらの項目は皆さんも良く確認する項目かもしれませんが、意外に盲点なのが例えば近所の住人です。

 

どの様な人が住んでいるかをよ〜く確認して引っ越し先を決める・・・というのは至難の業で、長く住んでみてから見えてくる事だってあります。

 

 

結局一か八かで新居を決めないと、いつまで経っても新居を購入できないまま。

 

 

これはこれで不満も出てしまうので、ある程度は覚悟しなければいけません。

 

 

しかも新興住宅地や新築マンションの場合、まだ隣に人が住んでいない場合だってあります。

 

こうなると本当に運任せな感じになってしまいますが、今まで色々な御近所トラブルに遭遇している私が思うのは、なるべく周辺環境が良い所に住んだ方が後々大変ではないという事です。

 

 

周囲に犬を放し飼い状態にしている家はないか(一日中野放しで吠えている場合があります)、お香やアロマが大好きで一日中たきっぱなし、ベランダまで臭いが迫ってくるなんて事はないか(臭いが洗濯物についてしまうと厄介です)こんな些細な事でも毎日となると大変ですから、注意深く確認して下さいね。

 

 

必ず朝・昼・版とその周辺の変化を確認しておくのはとても重要です!これをやっておくだけで環境把握はある程度Okdesu.やるとやらないでは大違いですよ!!

 

 

梅雨時の引越し

ついに私の住んでいる地域も梅雨明けしました。ギラギラした太陽、入道雲、セミの声・・・いきなり夏真っ盛りです。

 

こんな時期に引っ越しをする人は大変ですが、何も料金を安く上げようと思ってあえて夏に引っ越す人ばかりではありませんよね?

 

急な転勤での引っ越しやどうしようもない事情だってあります。

 

どちらにしても引っ越し料金は割安ですし、私が夏の引っ越しが好きな理由は作業内容にあります。

 

この時期業者側も暇なのか、作業がとても丁寧だったり何となくゆっくりしています。忙しい時期はちょっと雑だったりする運び方も数人で丁寧に運んでくれたりするので、私は“あえて”夏に引っ越しする事が多いです。

 

 

しかし、夏の引っ越しだと暑さ対策ばかり考えがちで、私も何度か失敗しました。そして学んだ事は、夏の引っ越しは暑さ対策+豪雨対策が必要だという事!

 

 

この時期いきなりくる豪雨、これが引っ越しにあたると最悪です。業者側も毛布等は完備していますが、完璧とはいきません。

 

とにかく引っ越し後に濡れた家電や家具を綺麗に拭き、スイッチを入れて電源が入るか確認して下さい。

 

 

段ボールも濡れたままにしておくと湿気で中の物に臭いが移るので、早めに出して濡れていたら乾かしましょう。

 

 

新居にエアコンが設置されていれば、すぐに部屋の中はカラッと快適になれますが、エアコンがなければ扇風機で夏の湿気と戦わなければいけません、くれぐれも熱中症だけは気を付けて下さいね。

 

 

 

 

駐車場について

風水などは正直あまり詳しくないのですが、知人の家が駐車場をリフォームしました。一部花壇だったところを埋め立てたようですが、それから体調不良など良いことがないと言っていました。知人が調べたところ駐車場は玄関の入り口前にあり家の気の入り口にあたる場所だそうで、そこに一部花壇があることで家全体が息出来ていたのを、埋めたことにより気の流れが悪くなったことから全体的な悪い流れが生まれたんじゃないかということとでした。
その解決策としては、一部を戻し土をみせることで気の流れを回復すること、駐車場の四隅に置き塩をして気の流れを回復させるというものです。実際やると効果があったようで体調も戻り生活に問題はなくなったようです。
風水は気の持ちようという方もみえますが、僕も今回の話を聞いて少し考えを改めました。気の持ちようでも少しでも気が上がるような事はやれるだけやった方が良いのかなと思います。過剰にやりすぎるのは逆に気にしすぎで良くない気がしますが・・・

 

 

引越し費用を調べるならこちら

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ